PayPay銀行

PayPay銀行は2021年4月にジャパンネット銀行から社名変更されて誕生しましたね

日本で最初(?)のネット銀行と言われていたジャパンネット銀行ですがその特徴はどうでしょうか

まずはPayPay銀行のメリットとはまとめると

メリット
  1. ATM入出金手数料が基本0円
  2. Visaデビット機能がキャッシュカードに付いている
  3. PayPay残高からPayPay銀行への出金が手数料0円
  4. PayPayでのキャンペーンがある

PayPay銀行というだけのことはありPayPayとの相性は良さそうです

ではメリットを一つずつ見ていきます

ATM入出金手数料が基本0円

基本0円ですが気を付けて使わないと手数料がかかってきます

また「楽天銀行のハッピープログラム」みたいな取引や預入金額などでの優遇制度は一切ありません

ではATM手数料の詳細ですが

無条件で月のATM入出金の1回目は0円になります

2回目以降は「利用額3万円以上」を守れば

提携ATMの手数料がいつでも何回でも0円で利用することが出来ます

月最初の入金(3万円以上でも)が1回0円

月最初の出金(3万円以上でも)が1回0円

各1回ずつ0円になります

そして2回目以降の手数料は以下の通りです

PayPay銀行ホームページより

「ゆうちょATM」と「主要コンビニのATM」が使えるなら不便さはないと思います

ATM手数料を0円にする為に

ATM手数料を0円にするには3万円以上を守ればいいということですが

引き出すのが1万円だけで良いい時もありますよね

そんな時は「4万円出金」から「3万円入金」で手数料0円で手元に1万円残ることになります

これが「めんどくさい」という方はちょっと銀行が合わないかもしれませんね

ですがこれだけ国内で主要なATMを無条件で回数制限なく手数料0円で利用できる銀行もそうはありませんので使う価値はあるかと思います

Visaデビット機能がキャッシュカードに付いている

Visaデビットカードは、ご利用代金を使ったその場で銀行口座からお引き落とし

現金感覚で使えるカードで世界中のVISAマークのあるお店で使えます

銀行口座から即座に引き落とされる為、クレジットカードと違って使い過ぎということは起こりません

現在新規口座開設の方へのキャンペーンがあります(終了時期未定)

キャンペーン

口座開設月の2ヶ月後の月末までにVisaデビットを3回以上ご利用いただくと、もれなく1,000円プレゼント

→キャンペーンページ

スマホ決済アプリPayPay残高からの出金が0円

次にPayPay残高からPayPay銀行への出金が手数料0円で可能です

通常PayPay残高を出金する際、手数料が100円かかりますので

PayPay銀行とPayPayとの相性は抜群です

ただPayPayから残高を出金する機会とはどんな時なのでしょう…

「他行からPayPay経由で資金移動」とか「PayPayに間違えて多くチャージしてしまった時」とかでしょうか

PayPayでのキャンペーンに参加できる

過去にPayPayにおいてPayPay銀行口座を登録してる方限定のキャンペーンがありました

PayPay銀行が誕生したばかりなのでこれからもこういったキャンペーンが続いていくと思われます

デメリットのまとめ

今度はデメリットの部分を見てみましょう

デメリット
  1. 他行宛ての振込手数料の無料回数はない
  2. 金利は高くない
  3. 取引利用等によるポイント還元が現状ない
  4. 他のPayPay関連サービスとの相乗効果がない

他行宛ての振込手数料の無料回数はない

日常的に振込を使うことがある方にはデメリットになりますね

PayPay銀行ホームページより

他行振込を毎月使うなら他のネット銀行と併用して使っていく方が良いでしょう

三井住友銀行に限っては両行共に本人名義の口座に限り手数料無料で振込みできます

PayPay銀行ホームページより

個人的には結構この振込は利用しています

PayPay銀行アプリからの振込画面です

しっかり振込手数料が0円となっています

生活圏で使い勝手が良い方だとメリットになるかもしれません

金利は高くない

円普通預金、定期預金ともに高くありません

PayPay銀行ホームページより
PayPay銀行ホームページより

貯蓄用口座としてはあまりオススメしませんが

メイン銀行を別にしてPayPay利用の専用口座やキャッシュカードに付いているVISAデビットカード機能などキャッシュレスの使う専用口座にするには良いかもしれません

取引利用等によるポイント還元が現状ない

振込や給与受取口座に指定するなどしても特に特典はありません

例に下の表は楽天銀行のハッピープログラムの一部です

楽天銀行ホームページより

楽天銀行では各取引ごとに楽天ポイントが付くサービスがありますがPayPay銀行にはポイント還元はありません

他のPayPay関連サービスとの相乗効果がない

YAHOO!Japanカード → PayPayカード

ジャパンネット銀行  →  PayPay銀行

などPayPay経済圏とも言える新しい経済圏が誕生しつつあります

Zホールディングス引用

ただ今現状他の関連サービスとの相乗的サービスは確率されていません

しかし急成長していくことは間違いありませんからこれからに期待しつつ目が離せませんね

さいごに

まだまだ誕生したばかりのPayPay銀行ですのでこれから改善されたり新しいサービスが出てくる可能性は高いですね

最後にメリットとデメリットをまとめておきましょう

メリット
  1. ATM入出金手数料が基本0円
  2. Visaデビット機能がキャッシュカードに付いている
  3. PayPay残高からPayPay銀行への出金が手数料0円
  4. PayPayでのキャンペーンがある
デメリット
  1. 他行宛ての振込手数料の無料回数はない
  2. 金利は高くない
  3. 取引利用等によるポイント還元が現状ない
  4. 他のPayPay関連サービスとの相乗効果がない

PayPay銀行は金利面からしても貯蓄する銀行には向いていないかなと思います

メイン銀行は別にしてサブ銀行として

3万円以上のATM入出金で手数料を0円で回数無制限で使うことや

「PayPay利用分」「PayPay利用不可店の為のVISAデビット利用分」のキャッシュレス決済口座として使い過ぎないように管理する専用口座

などに使っていくといいのかなと思いました

現状でもPayPayとは一番相性の良い銀行なのでPayPayユーザーは持っていて損はないでしょう

まだまだこれからが楽しみな銀行でもありますので気になる方はホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか

→PayPay銀行ホームページ

振込無料回数が多い銀行はauじぶん銀行や住信SBIネット銀行などありますのでそちらもチェックしてみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました